受付時間

【平日(月~金】
午前9:00~12:00
午後15:00~19:00 (19:00~20:00は要予約)

【土曜】
午前9:00~12:00

☎0533-68-8891

 

【休診日】
日曜・祝日・土曜午後

後遺症・後遺障害 専門サイトをご覧いただき、ありがとうございます

えのもと接骨院は昭和57年に開業し、2代にわたり約40年の施術実績があります。これまで多くの自動車事故のケガや後遺症で悩まれている方の施術をしてきました。

事故では体にかかる衝撃が強く、そのケガはとても耐え難いものがあります。当接骨院では、患者様に寄り添い 1日でも早く、元の生活に戻れるように全力でサポートさせていただきます。

サイトメニュー

 

えのもと接骨院が選ばれる理由

医師・弁護士と連携しながら、しっかりサポート!

自動車事故は通常のケガとは異なり、衝撃が強く身体に大きな負担がかかります。痛みやしびれ、頭痛などが出ている方の中には、「このまま後遺症として残ってしまうのではないか」と不安になっている方もいらっしゃると思います。

実際に、事故後すぐに適切な施術を受けられなかったことが原因で、後遺症が残りつらい思いをされている方はいらっしゃいます。
現在、ケガをしていて、後遺症が残るかもしれないと不安がある方は、適切な処置を受けるためにもお早めに えのもと接骨院までご相談ください。他の接骨院・病院からの転院も随時受け付けております。

当接骨院では医師・弁護士と連携しながら、患者様を全力でサポートさせていただきます。

後遺症に関するお悩みは えのもと接骨院へ

当接骨院へは、後遺症が残ってしまった方も通院されています。後遺症はレントゲンには映りにくかったり、事故から時間が経過しており、周りの方に理解さりにくく、とてもつらいものがあります。
後遺症としてお体に残った痛み・しびれなどについても、適切な施術をしっかりとすることにより、これ以上の悪化の防止や、状態の改善を図ることができます。

「一時的に楽になった気がするけど、時間が経つと痛くなるから、また通院しなければいけない」というような施術ではなく、根本改善を目指した施術をしております。マッサージ・電気療法・超音波療法・鍼(はり)・灸などから、患者様に最適なものを選んでいきます。

後遺症でお悩みの方は、えのもと接骨院にお気軽にご相談ください。

えのもと接骨院 専用サイトのご案内

お役立ち情報 後遺障害申請の案内が届いても、あせらないで下さい

文責:えのもと接骨院長 榎本 裕志

最終更新日:2020年12月08日

事故から3か月~6か月経過すると,加害者側(相手方)の保険会社から,後遺障害の申請に関する案内が届くことがよくあります。

ところが,まだ症状があるにもかかわらず、事故から6か月未満で施術を終了し,後遺障害の申請をしても,等級が認定される可能性は極めて低いのでご注意ください。

保険会社から「後遺障害申請に関する通知」「事前認定の案内」が届いたとしても,すぐに後遺障害申請をしなければならない というものではありません。

落ち着いて、しっかりと接骨院・病院で治療を続けた後に,申請をすることが重要です。保険会社は患者様に事故後6ヶ月未満で案内を送ることで、「早期の治療打ち切り」を狙ったものであり、注意が必要です。

以下に「後遺障害に関する通知」「事前認定の案内」を掲載しましたので、ぜひ参考にしてください

ご不明な点がございましたら、お気軽にえのもと接骨院にご相談ください

後遺障害申請・事前認定の案内の具体例

文責:えのもと接骨院長 榎本 裕志

最終更新日:2020年12月08日

●●●●様

後遺障害等級認定についてご説明します。

事故から3ヶ月が経過しても症状が残存している場合、今後、治療を継続したとしても、これ以上改善しない可能性がありますので、後遺障害の事前認定をご案内しております。

事前認定をご希望される場合、まずは医師に後遺障害診断書を記入してもらってください。

治療終了される月の月末最終通院時に通院先の医師へ後遺障害診断書の作成を依頼してください。

 

あたかも、すぐに事前認定に応じなければならないような文面になっていますので注意が必要です。よく読むとわかりますが、患者様が希望した場合、事前認定をする という文脈になっています。

後遺障害の診断書の作成⇒症状固定⇒治療の早期打ち切り という流れになってしまいます。

当接骨院では弁護士法人と提携しておりますので、複雑な保険会社の対応にもサポート体制が整っております。

また、接骨院開業以来、約40年にわたり、多くの自動車事故の施術実績があります。後遺症を残さない施術に自信がありますので、蒲郡市のえのもと接骨院にぜひ、ご相談ください。

お役立ち情報 後遺障害の申請方法

文責:えのもと接骨院長 榎本 裕志

最終更新日:2020年12月05日

自動車事故による後遺障害では,加害者側(相手方)保険会社に依頼して申請を行う「事前認定」と,患者様もしくはその代理人(弁護士など)がおこなう「被害者請求」という2つの方法があります。

 

事前認定について

メリット

相手方保険会社にほぼ全ての手続きを任せることができます。ご自身で必要書類などを収集する手間がなく,不慣れな申請に時間を費やす必要がありません

デメリット

相手方の保険会社がどのような事故資料を添付して,申請されているのかが分からないという不透明さがあります。

場合によっては,患者様にとって不利な資料も含めて自賠責保険会社へ申請されてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

被害者請求について

メリット

患者様側で,申請書類を集めることができるので,どのような情報が自賠責保険会社に提出されるのかが明白で、安心できます。

また,後遺障害診断書などに,患者様本人が医師に話したことと相違がある際には,後遺障害診断書を訂正・追記してもらうなどといったことも柔軟に対応することができます。

また、最も重要な点としましては、後遺障害の等級認定に有利な資料を積極的に提出することができることが挙げられます。

デメリット

ご自身で,後遺障害の申請に必要な資料などを準備する必要があります。

しかし,後遺障害に詳しい弁護士に依頼すれば,ご自分で資料を集めたり、申請に関する手間は大幅に省くことができます。

えのもと接骨院では弁護士法人と提携しておりますので、後遺障害認定のサポート体制もしっかり整えております。

受付時間

平日9:00~12:00 15:00~20:00

★19時以降は要予約

土曜9:00~12:00

受付時間

 
午前 -
午後 --

【平日】
午前9:00~12:00
午後15:00~20:00
★★19:00~20:00は要予約

【土曜】
午前9:00~12:00

【休診日】
日曜・祝日・土曜午後

所在地

〒443-0048
愛知県蒲郡市
緑町25-4
・蒲郡駅より徒歩18分
・23号バイパス蒲郡西インターから車で3分

0533-68-8891

お問合せ・アクセス・地図

後遺症は蒲郡市のえのもと接骨院へ

自動車事故に遭い、現在、病院・接骨院へ通院中の方
このまま通院し後遺症が残ってしまわないか、お悩みはございませんか?当接骨院では他の病院・接骨院・整骨院からの転院も随時受け付けております。その手続きはとても簡単で、損害保険会社に電話でその旨を伝えれば完了します。
また、症状固定後、後遺症が残ってしまった方の施術も得意としております。現在、痛み・しびれ・頭痛・頭重感・吐き気などでお困りではありませんか?当接骨院でお役に立てる自信がございますので、蒲郡市のえのもと接骨院まで、ぜひご相談ください。
えのもと接骨院 蒲郡市緑町25-4 電話0533-68-8891

PageTop